立川広己画伯作『赤富士』『紅富士』『赤不二』
洋画家・専業画家・現代美術家 立川広己 画伯作「赤富士」「紅富士」「赤不二」


 洋画家・現代美術家であり、専業画家の、立川広己画伯。
今回は、数多い立川広己画伯の作品の中から、『赤富士』『紅富士』『赤不二』を紹介します。


 洋画家であり現代美術家、専業画家としてご活躍され続ける立川広己画伯。
本作は、国内風景画です。

立川広己画伯というと、力強くインパクトのある個性的な花をテーマにした、

薔薇図』、桜、ミモザなどの生花のほか、渓流、古木など、

ダイナミックで明るく描かれた作品をはじめ、

画伯が創作される、多数の作品が全国的な人気を博し続けております。

新宿伊勢丹をはじめとする全国有名デパート各店や

美術画廊をはじめとした、個展にて、

多大な人気を博する、現代を生きる洋画家の巨匠のおひとり。

立川広己画伯の作品は、ご自身も美術専門雑誌でも公表され続けている通り、

モダニズム現代美術家的側面もお持ちです。


今回は、国内風景画作品に焦点を当ててみます。

立川広己画伯が、デパート等で精力的に個展や、

のうち 招待され出席等を重ねられている展覧会などで、出展され続けている作品群、

国内風景画の中から、『赤富士』という作品に、焦点を当ててみます。

ここでは、類似の作品『紅富士』『赤不二』も、

ここで一括して述べることとします。



 昭和、平成、そして時代もかわり令和〜。

立川広己画伯は、大家といわれる現在でも、

積極的に、新たな技法をも取り入れ続けられ、

それらを融合的に駆使し続けています。

そして、生み出される作品群は、

立川広己の世界立川広己WORLDなどとも紹介されておりまして、

日本全国にたくさんのファンの方々を抱えております。




 立川広己画伯作『赤富士』は、

デパートや画廊などの開催される個展等で、

発表されている作品の一つです。



 定義的に記載すると、

 この作品「赤富士」とは、

洋画家立川広己画伯の人気作品の一つのジャンルを形成する国内風景画の一角を成す作品。

主に現代美術家で専業画家でもある立川広己画伯の個展や、

画伯が招待された展覧会で発表される、

人気の高い売れ筋作品の一つでもある。

「花の作家」として、「花シリーズ」作品群において

特に高い評価を受け続ける立川広己画伯であるが、

本作品は、国内風景画である。

「赤富士」は、立川広己画伯が、2013年(平成25年)に制作した風景画作品。油絵・カンヴァス。

立川広己画伯が描く、富士山をモチーフに描かれた絵画芸術作品。

2013年(平成25年)制作発表作品の場合の大きさは、45.5 × 53.0 センチメートルである。

と、いえるでしょう。




 続いて、作品「赤富士」制作意図、立川広己画伯語録です。

立川広己画伯の制作意図 ― 本作「赤富士」制作に関する立川広己画伯語録 ―。

作品「赤富士」制作に関して、以下の通り、作者である立川広己画伯自身の言葉が添えられている。

富士は雄大です。私たち日本人にとって、いつ見ても感動する「心の山」であります。

今回、世界文化遺産に登録されたとの一報を知り、おめでたいことであります。

世界的にその神秘的な美しさが、認められたのであります。

そして、私たち画家にとっては、永遠のモチーフであります。

 以上、日本の美X 「富士山」監修 高階秀爾 2015 年(平成27年)3月

― 歴史的名作から現代作家まで― 富士山画集の決定版 ―

すべての日本人が 畏敬の念をこめて仰ぎ見る 聖なる存在 ―

美術年鑑社発行 272頁。立川広己 ― 赤富士 ― 平成25年(2013年)10月25日発行、より引用 本作品「赤富士」「紅富士」「赤不二」が、 出展された個展・絵画展等の展覧会

を、見ていきたいと思います。

出展された個展・絵画展として、判明しているものは以下の通りです。




大阪阪神百貨店8階催場にて。

2006年(平成18年)12月20日(水)〜12月28日(木)開催、展覧会、

「第55回 100万人の洋画秀作市」 絵画展に出展、出席

招待画家[[立川広己]]画伯は、本作品「赤富士」等を出展。

いわば会いに行ける芸術家、会いに行ける洋画家として、作品紹介以外にも、

本展覧会において本作品を買い上げられた方には、

作家[[立川広己]]画伯との記念写真撮影、作家[[立川広己]]画伯のサイン等も 贈呈された。

その他5名の招待画家と共に、[[立川広己]]画伯は、12月20日(水)〜12月28日(木)招待出席。

https://www.ichimainoe.co.jp/topics/20061220.html

2006年(平成18年)12月20日(水)〜12月28日(木)阪神百貨店8階催場、

第55回、100万人の洋画秀作市。立川広己画伯来場。令和元年(2019年)9月現在閲覧可能。


次に、 岩手県一関市千厩町、千厩農村勤労福祉センターにて。

2007年(平成19年)10月5日(金)〜10月7日(日)開催、展覧会、

「第20回記念 一枚の繪 千厩絵画展」

日野屋本店書籍部が主催。

招待画家立川広己画伯は、本作「赤富士」等を出品し、

他1名画家と共に期日中平成19年(2007年)10月5日(金)〜10月7日(日)来場した。

https://www.ichimainoe.co.jp/topics/20071005.html

岩手県一関市千厩町、千厩農村勤労福祉センター

2007年(平成19年)10月5日(金)〜10月7日(日)

「第20回記念、一枚の繪、千厩絵画展」。

招待画家立川広己画伯出展出席。以上、令和元年2019年9月現在閲覧可能であった。


続いて、佐賀県佐賀市、佐賀玉屋南館6階 若楠・銀杏にて。

2008年(平成20年)2月26日(火)〜3月2日(日)開催、展覧会、

*:「第7回 一枚の繪 佐賀絵画展」。

** 招待画家立川広己画伯は、「 幸せの黄花」、本作「赤富士」等 を出品。

**:招待画家立川広己画伯は、平成20年(2008年)2月28日(木)〜3月2日(日)まで来場。

**:他に特別コーナーには、佐賀出身のシュルレアリスム、 すなわち超現実主義(シュルレアリスム)絵画の旗手、故古沢岩美画伯の

油絵、ペン、水墨等のデッサンも展示された。


https://www.ichimainoe.co.jp/topics/20080227.html

佐賀市・佐賀玉屋南館6階若楠・銀杏にて。

2008年(平成20年)2月26日(火)〜3月2日(日)

第7回・一枚の繪・佐賀絵画展。出席画家・立川広己画伯来場。

なお、特別コーナーには、佐賀出身の

超現実主義(シュルレアリスム)絵画の旗手、故古沢岩美画伯の

油絵、ペン、水墨等のデッサンも展示された。

令和元年(2019年)9月現在閲覧可能だった。



さらに、阪神梅田本店9階、阪神美術画廊にて。

2015年(平成27年)12月9日(水)〜12月15日(火)開催、個展、

「立川広己油彩展」個展開催

招待画家立川広己画伯は、「バラの香り」F4号、「ジャズ」F3号、本作「赤富士」F3号、

「グリーンのバラ」SM、「赤い屋根の見える風景ドルドーニュ(南フランス)」F10号 等を出品。 招待作家立川広己画伯本人は、平成27年(2015年)12月9日(水)〜12月13日(日)出席。


https://www.ichimainoe.co.jp/topics/20151209.html

阪神梅田本店9階、阪神美術画廊。2015年(平成27年)12月9日(水)〜12月15日(火)

「立川広己油彩展」個展紹介頁。令和元年(2019年)9月現在サイト閲覧可能だった。



次に、仙台藤崎本館6階美術ギャラリー にて。

2017年(平成29年)3月2日(木)〜3月8日(水)開催、個展、

「立川広己 油彩展」開催。

「紅富士」F3、「朝焼けの北フランス・ムース河」F4、「真紅のバラ」F4、

「グリーンのバラ」SM、「幸せの黄バラ」F8 などを出展。

平成29年(2017年)3月2日(木)〜3月5日(日)まで、招待作家立川広己画伯在廊。


https://www.ichimainoe.co.jp/topics/20170302.html

仙台藤崎本館6階美術ギャラリー「立川広己油彩展」紹介頁。

令和元年(2019年)9月現在サイト閲覧可能だった。



京阪百貨店守口店 8F 大催事場 京阪美術画廊にて。

2018年(平成30年)1月2日(火)〜1月9日(火)開催、個展、

「一枚の繪 暮らしを彩る 新春大絵画展」。

一枚の繪 創業50周年記念絵画展。

招待作家立川広己画伯は、本作「赤富士」F6、

「幸せの黄花」F8、「グリーンのバラ」F6 等を出展。

平成30年(2018年)1月2日(火)〜1月4日(木)に、

招待作家立川広己画伯が来場し、

いわば会いに行ける画家として、作品紹介をおこなった。


https://www.ichimainoe.co.jp/topics/20180102.html

一枚の繪暮らしを彩る新春大絵画展、

2018年(平成30年)1月2日(火)〜1月9日(火)

一枚の繪創業50周年記念絵画展。

京阪百貨店守口店8F大催事場京阪美術画廊。

令和元年(2019年)9月現在サイト閲覧可能だった。



いよてつ高島屋 にて。

2018年(平成30年)2月28日(水)〜3月6日(火)開催、個展。

赤バラ・黄バラ・桜・ミモザなどの花シリーズに、

グリーン・ブルーのバラなどを加え、国内外の風景画等約30点新作発表。

立川広己画伯は、「グリーンのバラ」F4、「紅富士」SM、

「白とブルーのバラ」F4、「 真紅のバラ 」F3、「古木(春に流れる)」F6 などを出展。

平成30年(2018年)3月1日(木)〜3月4日(日)立川広己画伯本人在廊


https://www.ichimainoe.co.jp/topics/20180228.html

いよてつ高島屋6階美術画廊第7回立川広己画伯洋画展

2018年(平成30年)2月28日(水)〜3月6日(火)個展紹介頁。

令和元年(2019年)9月現在サイト閲覧可能だった。



仙台藤崎本館6F美術ギャラリー にて。

*:2018年(平成30年)7月5日(木)〜7月11日(水)開催、個展。

** 立川広己画伯は、「パリの裏街」F10、「 真紅のバラ」F3、

「赤富士」F3、「バラの香り」SM、「グリーンのバラ」F3などを出展。

作家立川広己画伯が、7月5日(木)〜7月8日(日)出席し、

いわば会いに行ける現代美術家、会いに行けるアーティストとして、自ら作品を紹介。

https://www.ichimainoe.co.jp/topics/20180705.html

仙台藤崎本館6F美術ギャラリー立川広己洋画展

2018年(平成30年)7月5日(木)〜7月11日(水)個展紹介頁。

令和元年(2019年)9月現在サイト閲覧可能だった。



東京・銀座・ギャラリー一枚の繪・立川広己画伯個展・平成31年2019年1月

すなわち、東京都中央区・銀座の画廊、ギャラリー一枚の繪 にて。

2019年(平成31年)1月7日(月)〜1月19日(土)開催、個展。

立川広己個展 新春を華やかに彩る ―華と風景―

画業45周年記念。「生け花」をメインテーマとした個展。

立川広己画伯は、会期中連日午後から、会場に出席。

立川広己画伯は、「静・華」F15号、「祭・華」油彩20号、「盛花」F10、

「幸せのミモザ」F10、「アイリス」F3、「赤不二」 F4、

初秋の奥多摩 F15、「JAZZ」F6、「ジャズ」F8、

「ドルドーニュの立冬−南フランス−」油彩30号 等を出展。

1月12日(土)15時〜16時に、立川広己画伯本人による

ライブパフォーマンスを披露した。

作品集(画集)、画業45周年をこえて「立川広己の世界展 ─華と風景─」を会場にて販売。


https://www.ichimainoe.co.jp/gallery/20190107.html

東京・銀座の画廊、ギャラリー一枚の繪

2019年(平成31年)1月7日(月)〜1月19日(土)

立川広己画伯個展。令和元年(2019年)9月現在サイト閲覧可能だった。



2019年(令和元年)

5月15日(水)〜5月21日(火)愛媛県松山市、

いよてつ高島屋6階美術画廊 にて個展「第8回 立川広己 洋画展」開催。

会期中、令和元年(2019年)5月15日(水)〜5月20日(月)までは午前10時〜午後7時30分、

最終日、令和元年(2019年)5月21日(火)は、午前10時〜午後4時までで閉場。

立川広己画伯は、「幸せのミモザ」F6、「フィレンツェの郊外」F6、

「躍・華」F3、「赤不二」F4、「紅花」SM 等を出展。

作家立川広己画伯本人は、5月17日(金)〜5月19日(日)まで3日間連日出席在廊。



「福山・天満屋・立川広己画伯個展・令和元年2019年10月」として

2019年(令和元年)

10月9日(水)〜10月14日(月・祝)広島県福山市・天満屋福山店 6F美術画廊にて、個展。

〜 「立川広己の世界展」華と風景 〜 を開催。

10月9日(水)〜10月13日(日)午前10時〜午後7時。

最終日10月14日(月・祝)は午後4時閉場。

立川広己画伯は、「グリーンのバラ」F10、「紅富士」F15、

「悠久の縄文杉」F30、「ローマ郊外」F6、

「ジャズの流れ」F4、「情熱の紅花」F10、

「香るミモザ」F10、「艶・華」F6 等を出展。

作家立川広己画伯本人は、

10月11日(金)、10月12日(土)、10月13日(日)に在廊。

美術専門雑誌、「美術の窓」生活の友社 No.433

2019年10月号の182頁に、本個展開催が掲載紹介された。

また、美術専門雑誌

一枚の繪 2019年(令和元年)10・11月号 2019 Oct.‐Nov. No.576

内の「アートニュース」欄、92頁では、

本個展、天満屋福山店「立川広己の世界展」について、

特集記事が掲載された。すなわち、

同紙面上で、出展作品の一つ「情熱の紅花」の作品写真掲載と共に、

個展論評が掲載、本個展が紹介された。

更に、本個展会期内に、作家立川広己画伯の作品を買い上げられた方への特典として

作家立川広己先生との記念写真撮影と、

立川広己先生のサインがプレゼントされた他、

美術雑誌「一枚の繪」一年分が贈呈された。





 続いて、「赤富士」と作者立川広己画伯について、みていきたい。

「花シリーズ」で人気を博する立川広己画伯であるが、その創作の守備範囲は広い。

本作「赤富士」の如く、日本国内の風景画も描き、その人気も高い。

人気画家の人気作品の一つであるがゆえ、著名美術専門誌上で、

主に個展開催日程等と併せて独占特集記事にされ、取材されることが多い。

本作発表の場合のように、これら公式なマスコミ取材を景気に、

新たに、立川広己画伯の芸術家としての立川広己画伯語録が生まれ続けている。

また、個展や展覧会会場に、テレビカメラが入ることも多々あり、

これらの作品を含め、展示されている自身作の作品と共に、

立川広己画伯自身も放映されることもある。

 なお、これらの作品の作者である立川広己画伯は、

令和元年(2019年)11月19日(火)〜11月24日(日)に

芸術の杜、東京都台東区上野・上野公園内にある東京都美術館で開催される

55周年記念都展(公募展)において、

立川広己画伯は、外部審査員に任命された。

同展覧会の各賞授与者選考の審査に加わることが決定。

関係団体からの情報公開発表もなされている。


http://toten.jp.net/regulations/

東京都美術館(東京・台東区・上野、上野公園内)開催、

55周年記念都展(令和元年(2019年)11月開催)、の

外部審査員、2名のうちの一人に、自由美術協会会員の立川広己画伯が任命。

公募美術団体都展公式サイトは令和元年(2019年)9月現在閲覧可能だった。 http://toten.jp.net/schedule/ 都展・年間行事予定表2019年(令和元年)版より、

55周年記念都展(公募展)開催。

令和元年(2019年)11月19日(火)〜11月24日(日)(※18日(月)休館日)

会場は東京都美術館。

公募美術団体都展公式サイトは、令和元年(2019年)9月現在閲覧可能だったので

併せて付記しておきます。



ここで、一応ですが、立川広己画伯作品類型を掲載してみます。

立川広己画伯作品類型

http://kiroku.yakiin.net/tachikawa.html

洋画家・専業画家、立川広己画伯

http://bibou.hariko.com/tachikawa.html

洋画家・現代美術家、立川広己画伯


個展・招待展覧会公開作品群

*「花シリーズ」作品群

赤い盛花

http://kaiga.byoubu.com/akamori.html

立川広己画伯作「赤い盛花」


幸せの黄花

http://kaiga.byoubu.com/kibana.html

立川広己画伯作「幸せの黄花」


幸せのミモザ

http://shiki.ganriki.net/siawasemimoza.html

立川広己画伯作「幸せのミモザ」


真紅の薔薇

http://kaiga.byoubu.com/sinkunobara.html

立川広己画伯作「真紅のバラ」・「真紅の薔薇」・「深紅のバラ」・「深紅の薔薇」


・・・


* 古木 他植物等


* 風景画

** 国内風景画群

赤富士・紅富士・赤不二

http://shiki.ganriki.net/akafuji.html


ピナイサーラの滝

http://bibou.hariko.com/pinai.html

http://kiroku.yakiin.net/taki.html


・・・

** 海外風景画群―ヨーロッパ風景等



・・・

* 人物画

「JAZZの中の裸婦」

http://shiki.ganriki.net/jazzrafu.html

・・・


* 抽象画

** JAZZシリーズ 作品群

JAZZ

・・・

* その他の抽象画作品群


* 以上融合作品群、新作作品、その他作品群


* 公募展発表作品

** 自由美術協会 発表作品群

助けてください


浮遊する物体

http://kiroku.yakiin.net/fuyuu.html

http://bibou.hariko.com/buttai.html

横たわるトルソ

http://kaiga.byoubu.com/yokota.html


大地が割れる




終美

http://shiki.ganriki.net/syubi.html


戦うトルソ

・・・

* その他

・・・



 立川広己画伯の作品は、自らも著名美術雑誌で繰り返し紹介・公言されている通り、

実存主義、洋画家佐伯祐三の作品や、

さらにはフォーヴィスムの影響を強く受けています。

 立川広己画伯作の、本作品「JAZZの中の裸婦」は、 魅惑的な雰囲気を与えてくれる芸術作品です。




洋画家 立川広己『JAZZの中の裸婦』

当ページ 先頭に戻る

当サイトTOPページへ

更新日
2019(令和元)年11月01日(金)
2019(令和元)年10月31日(木)
2019(令和元)年09月13日(金)
識眼力shiki.ganriki.net ページ5 akafuji.html 立川広己画伯作 赤富士・紅富士・赤不二
(あかふじ)